部品加工

ものづくり

海外工場への部品製造発注で心掛けたい3ヶ条とは!?

主に日本のお客様向けに部品加工の依頼を受けていますが、今まで新しい案件を受ると試験段階に多くの時間とコストを費やすことが多かったです。 お客様も台湾の工場も悩んでいて、直接打ち合わせできないため、行き詰まるときもありま...
ものづくり

海外工場と日本企業のこれからの協力関係はどうなる??

台湾だけじゃなく、その他海外企業(工場)で部品加工をしてもらう時、日本企業側からすれば品質や納期などのリスクをいつも考えることになりますね。 それは日本国内で加工する時の比ではありません。 「納期は絶対」...
ものづくり

【納期】に過剰反応せずに仕事をする方法はあるのか?

金属部品加工をメインにあれこれと仕事をしておりますと、常々「納期」の話ばかり耳にします。 特に最近は短納期が当たり前となっているような気がするほど、納期にゆとりがありません。 注文をする時に必ず「急いでる」という...
ものづくり

戦術と戦略の違いを理解することが重要!~台湾での商社業~

日本には大手総合商社が潤沢な資金を元に多くの事業展開を見せていますが、我々のような中小零細商社が大手に飲みこまれないように、隙間をかいくぐりながらも成長をするためには『戦略(tactics)』と『戦術(strategy)』の違いをしっかりと...
ものづくり

台湾工場に依頼するメリットがある部品加工の種類

金属部品加工の世界では、国内生産指向が非常に強い人と、そうでない人に二極化する傾向があります。 「台湾で作る(加工する)」と言うと、途端に怪訝な顔をされてしまうこともあるのです。 決して、私が台湾ひいきをするわけではあり...
ものづくり

「ものづくり」のグローバル化で見出すべき「国の優位性」とは

こんにちは! 鑫嘉豐實業有限公司(HCF株式会社)のリンです。 私は、このブログの管理人であり日本の大阪にある有限会社平野製作所の平野さんと提携し、台湾で日本のお客様向けに部品加工を提供しています。 ...
ものづくり

コスト削減だけじゃない!私が海外で部品加工をしてもらう意味

台湾で金属部品加工の協力をしてもらっている有限会社平野製作所の平野です。 どうしても、海外で部品加工をしてもらうと聞くとコストダウンができるという金銭的メリットばかりを言われてしまい、私が台湾に協力してもらっている本当の意味が...
ものづくり

ステンレスの旋盤量産品加工ってどんなチップ(工具)を使ったらええの?

先日、ステンレス鋼(SUS304)の中ロット量産品の見積もり(月産300個レベル)を台湾の加工屋さんにお願いしていました。 回答の内容的にはよい感じではないかと個人的には思いましたが、結論を下すのはお客様です。 さてさて...
ものづくり

部品加工の失敗から得た仕事の難しさと『台湾企業の成長』

以前より弊社・有限会社平野製作所のビジネスパートナーである台湾の鑫嘉豐實業有限公司(HCF株式会社)のリンちゃんには、台湾での部品加工における管理マネジメントにおいてすごくお世話になっている。 だけど、やっぱり全てのことを網羅...