パンチングメタルで使うパンチとダイの大量発注なら台湾がお得!

Pocket

パンチング加工(孔あけ)が施されたパンチングメタルは多用な用途があり、あける穴の形も丸だけじゃなく、長孔、角孔の他、十字型の○十(まるじゅう)孔まである。

もっと言えば、デザインパンチと言われるあける孔でイラストや写真を再現するものまであるくらいです。

そんなパンチメタルの製造会社で欠かすことのできないアイテムが孔を打ち抜くための工具。

それが、パンチダイですね。

パンチは板に孔をあけるための道具。

ダイは孔をあけるときに板を乗せる治具。

この他、孔をあけるときに板をダイにおしつけて、パンチのガイドにもなるストリッパーもありますが、これらの部品調達はどうしていますか?

スポンサーリンク

昔はひどかった?台湾製のパンチとダイ

このブログからパンチ製造問い合わせを頂いた、ある会社の社長様からこんな話を聞きました。

「昔、台湾からパンチを調達してもらったことがあるんだけど、当時は熱処理技術が低いのかどうかわからないけど、品質が悪かったんだよね。」

「だから、日本製に切り替えたんですよ。」

そうなんです。

台湾は地域や会社によっては、昔も今も熱処理技術が日本と比べるとまだまだレベルが低いところがあります。

台湾の金属加工の技術は想像以上!でも・・・弱点は熱処理技術なんだよねぇ
「日本のものづくり技術はすごいね!」 台湾に行くとそう言われることが多いし、本当の日本の現状を知らない台湾人は本気で思っている...

こんな記事も書きましたが、台湾の中でも多種多様な部品加工を請け負っている会社では熱処理が外注になるので、その外注先の熱処理の腕次第で製品の品質が左右されることは多いです。

しかし、パンチやダイを専門に加工している会社では、熱処理についてもしっかりと品質管理できているところは多くあります。

実際、私達も過去に多くのパンチ、ピン、ダイを台湾で製造してもらっています。

「昔はひどかったんだよねぇ」というのは、ある意味正解であり不正解です。

やはり、加工先を現地に行って確認し、実際に作っている製品を見せてもらったり、主要取引先などを教えてもらえば納得のいく製品を提供してもらえるのです。

消耗品だからこそ、安く仕入れたいならパンチングメタルの製造に使うパンチは最適!

台湾から部品調達をする上で、最も懸念すべきことは運賃

いくら現地の加工代が安くても、重量のある部品になると送料だけで数千円になりますし、クレーンで運ばないといけないレベルになると、数万円~10万円前後は必要になります。

そうすると、結局日本国内で作ったほうがいいかとなるわけです。

ところが、パンチングメタルの製造で使うようなパンチやダイの場合は、基本的には小物なものが多いですよね。

しかも、消耗品であるためワンオーダーが数百本~数千本になることもあります。

つまり、量が多い割には重量が少ないので、台湾から日本に入れる送料も1本あたり微々たるものになるのです。

ということは、安い価格で作って欲しいという願望を満たせる可能性が非常に高い。

また、パンチングメタルの製造に使うパンチは、あまりに複雑な形状のパンチが少ないため品質保持も安定しています。

パンチングメタルの製造に使うパンチやダイの材質は?

パンチやダイを作る時に気になる方が多いのは材質。

日本でパンチやダイを作る材料としてよく使われるものに、ダイス鋼材(SKD11など)、ハイス(SKH51など)、粉末ハイス(HAP40など)や超硬がありますね。

それぞれの鋼材には各種メーカーがあり、価格もバラバラですが相当品(メーカー違い)ということで使い分けしていることもあります。

例えば、HAP40の場合ですと相当品はASP30になります。

中身は同じ物ですが、製造メーカーが違います。

ASP30はエラスチールという世界最大の高速工具鋼メーカーが作っている粉末ハイスになります。

もちろん、日本メーカーの鋼材も台湾にはあるのですが、どうしても割高なんですね。

日本国内で買うよりも高かったりします。

逆に、ヨーロッパメーカーの鋼材が安かったりします。

そこは、柔軟に相当品を利用して製造しているのが現状ですね。

たまに日本メーカーの鋼材にこだわって許してくれないお客様もいますが、それはそれで対応させてもらってます。

今までパンチングメタルを作るためにパンチ1本を500円で作ってもらっていたものが、450円で作れたらどれだけ経費削減になるでしょうか。

年間5000本のパンチを消費するならば、5000本 x 50円 = 250,000円 が年間で削減できることになります。

当然、使用するパンチの量や種類が増えればもっと経費削減できますね。

その削減できた経費を従業員に還元できれば、会社としてもみんなモチベーションが上がります。

是非、台湾製のパンチ、ダイを試してみませんか?

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする