台湾の新幹線『台湾高鐵』の評判を落としかねない自動改札のシステム

Pocket

このブログの1発目の投稿記事、何を書こうかと迷ったけれどもブログのメインテーマは「台湾のものづくりと文化」をお届けすることなので、日本と台湾のものづくり提携の筆頭とも言える2007年に開通した台湾新幹線(台湾高鐵)について・・・ではなく(笑)

その台湾新幹線の乗り場に必ずある、自動改札への不満をぶちまける。

以前、台湾新幹線の改札口にある自動改札でトラブルがあり

うりゃ~! なんでや! 電車に乗り遅れるぅぅぅ!

ひっそりと心の中で叫ぶ同伴者の心の声が聞こえたことがある。

うぅ、ご機嫌斜めですな(ーー;)

というように、日本人が台湾に旅行へ行き、もしも台湾新幹線に乗るなら自動改札で気をつけておかないとダメなことがある。

ついつい、日本のクセが出ると改札機から

ピィーッ! ピィーッ! ピィーッ!

とエラーアラームが鳴り響くので・・・

スポンサーリンク

台湾新幹線のチケット(切符)は1枚のみ

台湾新幹線切符

こちらが、噂の台湾新幹線の切符です。

これは、台南から板橋という駅までの切符ですが、オレンジ色なんです。

おぉ。

日本の新幹線の切符とえらい違いますな。

おそらく、台湾新幹線の色と合わせているのでしょう。

台湾新幹線

ほれ、この色ですよ。

しかも、日本なら乗車券と特急券がありますよね。

日本人でも未だによく違いが分かっていない人が多いぞ。

あなた、分かってますか?

台湾新幹線切符裏

こちらが、切符の裏側。

日本の切符は裏側に何も印刷されていませんから、ここも違いますね。

なんか、新幹線っぽくないような気もする。

台湾新幹線の自動改札システムはヨーロッパ製

なんで、日本の新幹線を導入しているのに切符がこんなに違うんだろうと思っていたら、台湾の自動改札システムはヨーロッパ製なんですね。

2015年より前は自動改札機に切符を入れる向きまで決まっていたのだ!

現在ではどのように入れても大丈夫になりましたが、絶対に「あぁ~!もうっ」ってボヤく人がいたに違いない。

車両は日本製なのに、改札システムはヨーロッパ製を採用しているなんて、ややこしい話だ!と思いたいが、これは台湾新幹線の導入経緯に深~い理由があるのです。

当初はフランス・ドイツのヨーロッパ連合と日本が導入契約で闘っていた結果、コストが安いということから一旦はヨーロッパ製で統一される予定で契約まで結んだのですが、1999年に起こった台湾大地震の影響から、車両の安全性面で日本製の方が技術が上であることが見直され、契約の切り替えに至ったのです。

ところが、自動券売機や自動改札機のシステムだけはヨーロッパ製(フランス)で残り、現在に至る形になりました。

自動改札機で日本人がやらかしてしまうかもしれないトラブル

このヨーロッパ製の改札システムが日本人観光客にとっては非常にくせもの。

新幹線がそのまま日本と同じ形なので、改札もついつい日本と同じ感覚で行ってしまうのです。

日本の鉄道の自動改札機の口ってこんな感じですよね。

自動改札機

で、よく見て欲しいのは切符を挿入するところ。

自動改札機

前の人が切符を入れてから、出てきた切符を取るまでは次の人が切符を入れられないようになっているでしょ。

トラブル回避策ですね。

ところが、台湾新幹線の自動改札機にはこの「入れちゃダメよ!」ガードが無いのです。

だから、関西人のようなせっかちな人は前の人がまだ出てきた切符を取り終える前に挿入しちゃうかもしれないのです。

そうすると。。。。

ピィーッ! ピィーッ! ピィーッ!

慌てふためくか、ムスッとするか、怒鳴るか・・・

人それぞれですが、エラーにやられます。

私達も台湾でやらかしました。

しかも、切符が自動改札機の中で迷子になり、結局見つからなかったのです。

どこへ行ったんだろう、切符。

改札を出るときも切符は取り忘れないようにしよう!

私が台湾新幹線の改札で違和感を感じたことの1つが、新幹線を降りて改札を出る時です。

切符を入れて出ますよね。

日本なら切符は自動改札機が回収してくれます。

でも、ヨーロッパのシステムを使っているからなのか、台湾では切符が出てきます。

なので、この画像があるんですよ。

台湾新幹線切符

ね。

もしも、改札機に回収されていたら手元に残っていませんから。

日本の切符はほとんど回収されるので、手元に残りません。

改札を出る時も切符を回収するのを忘れないようにしましょう。

このように、台湾に旅行へ行ったら台湾新幹線の自動改札機にご注意ください。

決して、エラートラブルに巻き込まれても暴れないでください(笑)

もしも、台湾旅行をするなら宿泊施設の予約はお早めに!

ツアーで回るのもいいけど、自由行動で快適な旅にするにはホテルが重要ですよ!


Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする